/ 19ページ

序章

(1/5ページ)

序章



 夜空。星空。遠くに外灯が一つ。
 川のせせらぎ。土手に生える雑草が風で揺らぐ音。鈴虫の鳴き声。
 頬を撫でる風の感触。座っている岩の冷たく硬い質感。
 後は何も無い。


 胸ポケットから煙草とライターを取り出すと、最後の一本だったことに気付く。


「……終わりか……丁度良いな」


 最後の一本に火を付けると、その周囲だけが微かに色を取り戻す。


「つまんなかったなぁ……」


 紫煙を吐きながらそう言葉を漏らす。
 吐き出した紫煙が暗闇に融ける様を目で追うが、完璧に消える場面を捉えることは出来ない。


「……こんなもん……なのかな?」


 いつの間にか煙草の火はフィルターの近くまで迫って来ていた。
 最後に一回大きく吸い、煙草やライターと同じく胸ポケットから携帯灰皿を取り出しその中に押し込める。


「煙草一本吸ってる間に思い出せる人生って……」


 そう自嘲気味に笑い、立ち上がる。
 まだ岩の冷たさや、固さが残っている。


 ふと、さっきからやたらと独り言が多いことに気付き、また自嘲気味に笑う。


 数秒笑った後に、川に向かって歩き出す。


 くるぶしまで水に浸かると、少々冷たさを感じるが、それでも気持ち良いぐらいだ。

 膝まで浸かった時だった。


「お前……死ぬのか?」


 女の子の声が聞こえたのは。

/ 19ページ

序章

(2/5ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー