/ 41ページ

第壱章

(1/4ページ)

第壱章

朝から雨が降ってた。それなのに、私は白いワンピースを着てきてしまった。
裾に泥はねがつく。


「…秋、おそいな」


腕についてる腕時計をみた。
待ち合わせ時間から一時間近くおくれてた。

私の名前は安井 悠梨。


多分、今までの人生の中で一番幸せな時間をすごしてる。
好きな人をまってる時間が、一番好き。勿論、2人で居る時間も好きだけど、早く着て相手がくるのを待つのが大好き。



相手が私を見つけて走ってくる姿も好き。
でも、何故か今日は遅い。私が待っている桜庭 秋は、私にできた初めての恋人だ。





「悠梨っ遅れてごめん!!」


「…あ、秋君!!」


傘を差した人ごみの中、秋君は傘も差さずに私に駆け寄ってきた。


「…ワリ、遅れて」


「大丈夫だよ。それより秋君大丈夫?風邪引いちゃうよ?」


「…大丈夫。じゃあいこっか」


さり気なく私を車道からとうざけて、私の手をにぎる。そんな仕草にいちいちときめいてしまう。


横顔をみると、耳まで紅くなっていた。



同じ気持ちなんだと思うと、胸があたたかくなった。


秋君はみんなから好かれてて、正直嫌われ者の私とは釣り合いがとれてなかった。


高校で同じ学校で同じクラスになれたけど、クラスでは殆ど話さない。


秋君の周りには自然と男の子達が集まって、そのうちに女の子も集まっていく。


私は、女友達が一人いるだけ。クラスの女子には嫌われてる。理由が、秋君と付き合ってるから。


まるで月とスッポン。



秋君は私がみんなに嫌われてるなんて知らない。


 

/ 41ページ

第壱章

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

191

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛