/ 410ページ

プロローグ

(1/2ページ)

プロローグ

この小説を今まさに読み始めようとしている画面の前のあなたは、閣下の意味を知っていますか?


『閣下』というのは、簡単に言うとお偉いさんにつけて使うものらしいです。


今は省略されていますが、昔は総理大臣にも『閣下』とつけていたんですよ。


現代では『閣下』といえば、あの派手なメイクのビジュアル系な方を想像しちゃいますよね。


でもこの小説の『閣下』にあたる方は、かなりの美少女でとっても優しくて穏やかな方です。


……というのは表の顔。


裏の顔はドSな鬼畜で、ミステリー作家やってます。しかもベストセラーなんか飛ばしちゃう超人気作家。


これはそんな閣下に、とても地味な人が振り回されるお話です。

/ 410ページ

プロローグ

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

10430

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|