/ 8ページ

旅路

(1/8ページ)

旅路

暗い道、俺はその道の真ん中に立っている。辺りを見回すがこの道意外他に見当たるものはない。

孤独に蝕まれそうになり、大声をあげそうになったその時、後ろの方に小さな光が差し込んできて俺はその方向に振り向いた。

すると「クライシスー」と自分を呼ぶ声が聞こえた。

「リディアー」と俺はその声の主の名前を呼んだ。

すごい暖かい光だった、一瞬で不安な気持ちはきえさっていた。

彼女がこちらに手をさしのべながら走ってくる、その手をつかもうと手をさしのべたその時だった。

回りの景色が一辺したのは。

/ 8ページ

旅路

(2/8ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー