/ 366ページ

白球高校入学

(1/6ページ)

白球高校入学

(惣太郎)「いってきます!!」。

惣太郎は気合い十分で家を飛び出した。

この日はいよいよ高校の入学式。

それと同時に惣太郎の高校野球がスタートする大事な日でもある。

(惣太郎)「俺が野球部を変えなきゃいけねぇんだしな。厳しい環境だろうけど頑張るしかねぇな」。

惣太郎は張り切っていた。

(秀吾)「惣太郎!!おはよ!!」。

惣太郎が歩いていると,秀吾が合流した。

(惣太郎)「おう!!」。

(秀吾)「惣太郎,いよいよだな。準備はできてるか?」。

(惣太郎)「あぁ。やるしかねぇからな」。

(秀吾)「まぁ俺も協力するから…とりあえずは先輩の説得からだな」。

2人は野球道具も持参し,やる気満々で初日に挑んでいた。

    ◇◇◇◇◇◇◇

2人は学校に着き,それぞれクラス分けされた教室へ入った。

(秀吾)「惣太郎は2組か?」。

(惣太郎)「あぁ。秀吾は3組だから違うクラスか」。

(秀吾)「おう。じゃあまた終わったら迎えにくるわ」。

惣太郎は秀吾と別れて,教室に入って自分の席に座った。

惣太郎のクラスには中学から一緒の生徒は何人かいたが,仲の良かった人は全然いなかった。

(惣太郎)「香穂も秀吾と同じクラスかぁ。まぁそのうち仲良くなれるかな」。

クラスの名簿を見ても,知ってる名前は見当たらなかった。

(担任)「はーい!!それではホームルーム始めます!!」。

担任の先生が教室に入ってきた。

(担任)「このクラスの担任をすることになった高橋雅俊だ。よろしく。さっそくだが入学式に行くから各自体育館に向かってくれ」。

担任の高橋から指示され,さっそく体育館に向かった。

(惣太郎)「なんだあのえらそうな担任は」。

態度がえらそうな担任に当たり,惣太郎も少し機嫌が悪くなった。

/ 366ページ

白球高校入学

(2/6ページ)

みんなが送ったスター数

6

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|青春