/ 418ページ

プロローグ

(1/3ページ)

プロローグ





「あぁ……やっぱりこの小説何度見ても泣ける」




とある教室で一人、女の子が呟いた。




「沖田さん、なんでそこで労咳になったの?」




おそらく周りから見れば、かなり頭大丈夫?状態だ。
携帯を見ながら泣くってどうよ?




いかにも、
この頭大丈夫?な女の子が 桜井 琥珀(サクライ コハク)十六歳の高校二年だ。



容姿は綺麗系というよりは可愛い系であり、髪は茶髪のショートカット、背はチビの中のチビ。


かなりのお馬鹿ちゃん。
すぐに人に騙されやすい。


しかも……




「土方さん!!潔し過ぎ!!」




うん。
独り言も激しかったりする。




 

/ 418ページ

プロローグ

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

1207

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|歴史・時代