/ 5ページ

始まりは、濃厚ミルクココアの紙パック。

(1/5ページ)

始まりは、濃厚ミルクココアの紙パック。


「やっと終わったー!」

「今日も疲れたねー」


高校に入学して約1ヶ月。
桜も散って、日中は汗ばむ陽気になった5月初旬。

まだまだ新入生である、私と親友の琴は、放課後の解放感に浸っていた。

あとは帰るだけ。

クラスの男の子からは誰かの家に集まってゲームとか、河川敷でサッカーしようとか、そんな会話が聞こえてくる。

一方女の子はカラオケに行こうとか、カフェでのんびりスイーツ食べたいなんて話をしている。

皆打ち解けるの早いなあ、楽しそう。

「なーんか、皆楽しそうだなー」

「そうだね、」

琴も同じことを考えていたみたいだ。

.

/ 5ページ

始まりは、濃厚ミルクココアの紙パック。

(2/5ページ)

みんなが送ったスター数

32

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛