/ 411ページ

複雑怪奇の章

(1/39ページ)

複雑怪奇の章

──ふくざつかいき──




きずなは金で買えない。



知ってる?



お金はお金が好きな人のところへ行くんだよ。


じゃあ私は? 俺は? お金が大好きなのに寄って来ないじゃないか。


それはもっと好きな人が他にいるから。


知ってる?


川はふもとに下がるけど、お金はいただきへ上がるんだよ。


金の重圧に耐え切れず、押し潰されて死に絶える人もいるんだよ。


山積みになった金の山では、人の心も死も見えない。


静かに燃える強欲を持つ一族。


長門家。


八百年の栄華によって、いのちすら金で買った。


今こそ金で買えないものを知れ──。


──空はのっぺらぼうのような暗雲に包まれ、光はない。


海の見える小高い丘に鎮座するは、奇少物件と呼ばれた100LDK。


その屋敷、八角につきこれ奇妙……しかしそれは一時間前までの話。


稀少で巨大な屋敷のなかは、今まさに迷宮と化していた。

 

/ 411ページ

複雑怪奇の章

(2/39ページ)

みんなが送ったスター数

52077

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

作品に関する書籍情報

超空物件QLDK 長門一族の崩壊と二十一代目の遺言

出版社:ティー・オーエンタテインメント

発売日:2014/4/1

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ミステリー・推理