/ 14ページ

ふたりの太郎

(1/14ページ)

ふたりの太郎

「じいさんやぁ…ご飯ですよぉ…」

庭で、刈ってきたばかりの芝を整理していたトメ吉は、服のホコリをはらい、縁側から家に入った。

トメ吉とシズエには子供がいない。

山の中腹にポツリとたたずむ小さな小屋で、自給自足の質素な生活を送っていた。

「たまには腹いっぱい旨いモン食いたいのぉ、ばあさんや…」

ずり落ちそうな老眼鏡を鼻の頭に乗せて話すトメ吉は、じいさんと呼ばれるほど老けてはいない。

「贅沢言うんでねぇ、じいさん…町は人間関係や病気や交通事故や、面倒なことがたくさんあって、降りたくねぇって言ったのはじいさんでねえか…」

「そうじゃのう…シズエ、すまんのう…」

「あたしはこれで幸せですよ、じいさん…」

子供を諦めた頃から、いつのまにか(じいさん、ばあさん)と呼び合うようになっていた。

そんなある朝、
いつものようにシズエが川で洗濯をしていると、後ろのしげみのほうから、赤ちゃんの泣き声がする。

見ると、フルーツのカゴにびっしり詰まった果物の中に、赤ちゃんがいるではないか!

「まあ!かわいそうな子…こんな所に置き去りにされたら死んでしまうでねえか…」

シズエはカゴごと担いで家に帰り、庭にいるじいさんに訳を話した。

「育てるしかねえか…」

名前は一緒にカゴの中に入ってた桃から【桃太郎】と名付けた。

「誰が捨てたか知らんが、立派に育ててみよう、ばあさんや!」

-②へ続く-

/ 14ページ

ふたりの太郎

(2/14ページ)

みんなが送ったスター数

12

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|コメディ