/ 59ページ

出逢い

(1/6ページ)

出逢い

別に不満なんてない。

生きてるのがイヤとかそういうのでもない。


ただ、



少し疲れた。



あの子との出逢いはまさにそんなときだった。


「寒い…」

だれにともなくつぶやく。息が
白い、2月4日立春。一応今日から春になる。
昔の人はこの寒さの中にいったいどんな春を感じ取っていたんだろう。理解できない…。

マフラーに顔を埋め、ため息を吐く。 ああ、白い。寒いのは苦手なのに。


そんなことばかり考えていたからだろうか。

『ねぇ、』

『――アンタ、聞こえないの?』

ずっとかけられていたらしい
“声”に気づかなかった。

/ 59ページ

出逢い

(2/6ページ)

みんなが送ったスター数

61

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|