/ 80ページ

†第1章†

(1/20ページ)

†第1章†

どうも初めまして、俺は村神 新一だ現在は、高校受験して、受かり普通の高校生活を、送ろうとしているのだが、俺の生活は中学1年でがらりと変わった、なぜか………それは家族を失ったからだった、それからは大変だった、なんとかやりくりして生活してきたが、そして現在、なぜか俺の家の前にリムジンが止まっている。



「な、なんなんだ…」


するとリムジンから男が出て来てこっちに来て俺の前で止まった


「君が村神 新一君かね」


男は俺に尋ねてきたので俺は正直に返した


「はい……そうですがあなたは?」

「すまんな俺は君のお父さんの同期でな親友だったものだ」


男はそういった


「それで用件は?」


俺はその男に質問した


「うむ…実は君のお父さんの死を昨日わかってな心配になり様子を見に来たんだよ」


「そうですかわざわざすいません」

そして話しがあるそうで一旦中に入って話しを聞くことにした


「そうで話しとは?」


「ああそうだな………なぁ新一君家に来ないか」


俺の思考は止まった


「…………」


「いや……突然すまんな…家族をなくして生活が、厳しかろうと思ってな、家で引き取ることになったのだよ」

/ 80ページ

†第1章†

(2/20ページ)

みんなが送ったスター数

2

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛