/ 16ページ

窓の写真

(1/8ページ)

窓の写真

え~~と……、何で観たのか、読んだのかも忘れました……。


ひとつ目として相応しいかどうかも不明だが、今は此れしか浮かばない…………。

男は不満だった。


男は自分の才能を誰より理解していた。


彼の書く特集記事が巻頭を飾れば、売り上げ部数は二割は上がる。


三流のライターの記事も、彼のアドバイスで一流半にはなる。


だが、男は現在、半ば謹慎に近い状況に置かれていた。


彼の勤務する出版社の中で、最もお荷物な雑誌編集部に転属になったのだ。


「くそっ!
 俺を外して、他の出版社の芸能誌に太刀打ちできると思ってんのか!」


男は怒鳴り散らしながら、抱えていた紙袋を机の上に叩きつけた。


某有名デパートのロゴの入った紙袋の端が少し破け、茶色い封筒の角が顔を出す。


「……休暇とでも思えばいいか。どのみち、俺を呼び戻すしかないんだ。あの能無し連中に何ができる?」


呟きながら、窓を開け放つ。
目の前に広がる美しい湖から心地よい風が室内に流れ込み、男は少し機嫌を良くした。

/ 16ページ

窓の写真

(2/8ページ)

みんなが送ったスター数

14

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ホラー