/ 140ページ

沈む日輪

(1/2ページ)

沈む日輪

どこで、間違えたのだろう。


一人、丘の上から黒い海を眺め、僕はひとりごちる。

海岸沿いを見下ろすと、他の避難民が黒山の人だかりをつくり、ひしめいている。

おんおんと、響いてくるのは悲嘆と絶望のおめきであった。


分単位、いや、秒単位で最期が迫っているのだ。

彼らにも、

僕にも


そしてこの国にも・・・





じっとりと汗にまみれる、右手に握られた固い感触。

もうこの中にしか、彼女との想い出はない。



君を、護れなかった・・・・・・


あのとき、あの兵士たちに、向かっていくべきだったのだ。
たとえすぐに撃ち殺されるだけだったとしても。



男としてはそうすべきだったのだ。



でも、連れ去られる中 君は精いっぱいの笑顔で、生きてと云った。

また逢える、とも。






だけど・・・・・


滲む視界に映る曇天を、オレンジ色の炎が切り裂き、こちらに迫ってくる。


海岸に悲鳴が響く。

終わる・・・・


あの火の玉が、頭上で炸裂するまであとコンマ数秒。





ごめんなさい、僕はもうここまでだ。




無念の塊を絶叫にして、吐き出した。



熱線と爆風が、眼前の世界を覆い尽くす。


肉体ともども、消失寸前の意識が、最後の思索を巡らす。




一体・・・・



どこで間違えてしまったんだろう。



この国は。




そして何ができたんだろう、





この僕に・・・・・・・。


















/ 140ページ

沈む日輪

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

245

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー