/ 6ページ

起床

(1/2ページ)

起床

『プルルル^^プルルル^^』

朝の6:00目覚ましが鳴った。

「はぁ~」あくびをしながら煙草を吹かす... 
いつものパターンである。煙草を吸いながら作業服に着替え、トイレを済まし、朝ご飯を食べずにさっそうと玄関を出る。

「寒いな~

駅まではいつもバイクで行っている。

ブルブル震えながら信号を待っている。そして発進...

すると駅前の池でいつもすれ違う親子がいる。
見る限りでは、50代前半ぐらいの男性と女子学生だ。

毎朝、一緒に駅まで行っているようで、珍しく思っている。

「あの親子、仲良いんやなぁ。最近の女の子は父親と距離をとりそうなイメージなんやけどなぁ..」


と、思いつつ、いつもの駐輪場へバイクを止めた。

管理人さんが毎度の  『行ってらっしゃ~い』

「はぁい」

朝は得意な方ではないので、目が覚めてくるまでは、若干無愛想な自分である。

そしていつもの時間、いつもの場所で電車を待ちながら参考書を読んでいる。

/ 6ページ

起床

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛