/ 12ページ

とにかく彼は女の子を抱えて俺の部屋の前に来た

(1/8ページ)

とにかく彼は女の子を抱えて俺の部屋の前に来た

「開けてよ! マジ今ピンチなんだってさ! 人生で一番! 授業中お腹痛くなったときよりもピンチなんだ!」

 外で何か喚いている。きっと変態だろう。春になったらでるって先生も言ってたし。

 決して小学生からの腐れ縁である友人ではない。あるはずがない。ましてやその友人が幼女を誘拐したなど。あってはならないし、あったとしても決して認めてはいけないのだ。

「なぁ! 掛矢ぁ! 助けてくれよぉ!」

「俺の名前を呼ぶな変態が! というかお前誰だ! 近所迷惑というか俺が非常に迷惑だ! 別の部屋に行け! 俺が迷惑にならないように遠くへ行って自殺しろカス!」

 変態という名の神崎勇人は、ドアを叩く行為を止めて、今度はすすり泣きを始めた。鬱陶しい。耳障りだ。というかなんで誰も外にいる変態に消火器を投げつけない。

 俺は警察を信用できないから連絡はしない。憎らしいことに外にいる変態はそのことを知っている。すすり泣く声は先程の叫び声よりも一層響く気がした。

/ 12ページ

とにかく彼は女の子を抱えて俺の部屋の前に来た

(2/8ページ)

みんなが送ったスター数

10

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー