/ 23ページ

1章

(1/5ページ)

1章

『しゃ、社長。こんなゲームが政府に公認されると思ってるんですか?』


『思ってないよ。ただ、僕が楽しめれば良いんだ。一般公開はしない。政府になんて知らせるか』


携帯電話を取り出した社長、鹿取悠真(カトリユウマ)は、ある人物に連絡を取った。

『あぁ僕だ。……そうだなぁ、簡単に終わっちゃつまらない。なるべく手応えのありそうなの選んでよ。…うん、そうだね。今週末でいいよ。また進展があったら報告して』


鹿取の思惑通りに事は進んでいた。

/ 23ページ

1章

(2/5ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|SF