/ 2ページ

1500秒の出逢い

(1/2ページ)

1500秒の出逢い

午前7時13分。
いつもの時間、いつもの車両、いつもと同じ立ち位置。
この駅で僕は“彼女”が乗り込むのを毎日、同じ場所で待つ。
僕の1日は、“彼女”と出逢った瞬間に始まる。
“彼女”の気配を背中に感じる。
7時13分45秒。
今日は少し遅いほうだ。
この日も“彼女”と会えたことに心の中で小さく感謝する。
いや、『会えた』という表現はおかしいかもしれない。何故なら、僕と彼女は一度も言葉を交わしたことが無いからだ。それどころか、僕たちは、少なくとも僕は、相手の顔すら知らない。
そんな、赤の他人から一歩たりとも踏み出していない僕と彼女の関係。
その繋がりを唯一肯定するもの。それは、登校中、稀に下校中にも背中に感じる、優しさとも暖かみともいえぬ、不思議な感覚。
その、えもいわれぬ感覚を感じ、共有するときのみ、ひねくれ、現実を直視できなくなった自分はどこにも居なくなり、唯一、幼い頃のような純粋な気持ちになれる。
もちろん、相手と会話したことは無いので、相手も“それ”を感じているかどうかは、甚だ疑問なのだが、僕はそんなこと少しも気にしなかった。
ただただその、900秒間、人というものを感じ、過ごすだけだった。


午前7時13分45秒。
いつもの立ち位置に立つ。
高校の入学式の日以来、3ヶ月間どんなラッシュのときでも、不思議とその空間だけはいつも空いていた。
ケータイを取り出し、今日の予定、前日にやった予習を確認する。と、背中に誰かの背中がぶつかる。
そのとき、私の1日が、始まる。
午前7時14分20秒。いつもより少し早い気もした。
“彼”と出逢ったのは3ヶ月前の入学式の日。
その日は、昼間にも関わらず、朝のラッシュ時と同じくらい混んでいで、その中でこの場所だけが、ポツリと空いていた。
それ以来、今日まで毎日ここに立ち、“彼”の存在を感じて、苦い生活を忘れようとしていた。
この時間だけが、私にとって唯一の、日常から救われる時間だった。


午前7時28分40秒。
今朝も別れの瞬間がやってきた。
2人は今日も互いを視界に入れないまま、ホームへと、消えてゆく。

/ 2ページ

1500秒の出逢い

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|青春