/ 12ページ

夢音(もね)占い師になる

(1/2ページ)

夢音(もね)占い師になる

ごく普通の主婦が占い師になれるなんて思ってもいませんでした。
それは一本の電話から始まったのです。

「私占いしてるの」

学生時代の友人の声が電話口で妙に弾んでいて私は何だか悔しい気持ちになっていました。

「えっ!?ホントどこで習ったの?」

本来新しい物好きで興味があると飛びつく私は友人から占い師養成学校があることを教えて貰い、即座に入学し半年後には鑑定士として店に立つ事になったのです。

/ 12ページ

夢音(もね)占い師になる

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛