/ 2ページ

貴方はだ~れ?

(1/2ページ)

貴方はだ~れ?

誰でもいいから、誰か。
お願いです。助けて下さい。
心の中にある、いろんなパーツが混ざり合って、頭痛がします。
毎日、毎日、何の意味があるのかわからない日々を繰り返し…。
社会?世界?いや。人間の全てに、
今、私は、殺されそうなのです。
誰でもいいから、さらって。
白馬の王子様。
何処かに、もし、居るのなら、早く私を、ここから、連れ出して。
現実と夢の間で私は、今。
圧迫死してしまいそう。
できるのなら、この声が枯れてなくなってしまうまで、叫び続けたい。
だけど、周りの人間達が異様に怖いカラ。
今日も私は、目立たずに、生きていかねばならないのです。
辛いし、本当に、逃げたい。
けど、誰かが私を、救ってくれるかもしれないカラ。
待っているのです。
この体が、枯れてしまおうとも。
白馬に、乗ってなくてもいい。
王子様で、なくてもいい。
だから、私を、助けて下さい。
閉塞感溢れる、私の周囲。
「近寄らないで。あなた方のせいで
私は、息を潜めて、だけどたまに、
息の仕方を忘れて、死にそうになるの。あなた方のせいで。私は、この世界での生き方が、分からない。
誰か。教えて。死に方を。
今、私が、もう、ここにはいない。
って、コトを証明して。」

/ 2ページ

貴方はだ~れ?

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ