/ 349ページ

闇を持つ者

(1/18ページ)

闇を持つ者

 魔法が生活の大半を占める国 ブルトア。静かな一夜。闇に染まった屋敷の外には青白い満月が昇り、生い茂る木々が風に揺れ、再び静寂が訪れることを繰り返す。明りの消えた屋敷の一室には、ため息を零す一人の少年の姿があった。


「――面倒だ。今更」


 ふかふかの大きなシングルベッドに仰向けに倒れ、ごろんと寝返りを打つ。ベッドの傍の小さな机の上に置かれた書簡へ視線を向ける。手に取る気力もなければ、これから部屋の明かりをつけて内封された書類に目を通したいとも思わない。気怠さがさらなるため息を生み出し、少年に眠気が訪れる。


「勝手に決めて――もう」


 眠りにつく間際、最後にそう呟いた彼は瞳を閉じると、静かに寝息を立てた。

/ 349ページ

闇を持つ者

(2/18ページ)

みんなが送ったスター数

204

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー