/ 103ページ

~日常~

(1/14ページ)

~日常~

…サア、物語ノ幕開ケダ。



 冷たい雨の降りしきる街。


 まだ夜も明けない深夜の路地を、一人の少女が力なく歩いていた。少女は左の脇腹を片手で押さえ、苦痛の表情を浮かべながら歩くーー少女が通った道には無数の血痕が続いている。


 脇腹に深い傷を負った少女はビルの外壁にもたれ掛かりながら、肩で呼吸を繰り返す。無情にも、容赦なく体に降り着ける雨は体力を奪う。


「逃げなきゃ……」


 今にも消えそうな声で少女は呟いた。

/ 103ページ

~日常~

(2/14ページ)

みんなが送ったスター数

76

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|SF