/ 27ページ

7月1日

(1/2ページ)

7月1日

 ボクの名前は、山口 華月(かづき)。
まだ4才だよ。

今日は、お母さんと2人でお母さんが作ったハンバーグを食べたんだ。

「お母さんがつくったハンバーグ、おいしいね」

お母さんは、笑った。
「レトルトだけどね」

ご飯には、ふりかけをかけて、ハンバーグにはケチャップをかけて、レタスにはマヨネーズをかけて食べたよ。

お母さんは、料理が上手だからとってもおいしかったの。

妹の海沙(みさ)は、まだ赤ちゃんだから、ほ乳瓶のミルクをもらってた。
海沙がボクを見ている。
「みさもハンバグ、たべたいの?みさは、大きくなったら、たべれるよ。ね?お母さん?」

「そうね」
お母さんは、優しく微笑んだ。

それから、お母さんと一緒にお風呂に入った。


その夜、
「ぎゃー」
海沙の夜泣きが始まった。毎晩のことなんだ。

お母さんは、困った顔してみさを抱きかかえる。
ボクは、耳をふさいでた。

海沙は、ずっと泣きっぱなしだったけど、何時間かしたら、泣きやんだ。
お母さんは、誰かに電話をかけていた。

ボクは、すぐ眠った。

/ 27ページ

7月1日

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|