/ 2ページ

猫の家

(1/2ページ)

猫の家

猫に出会った。
小さい段ボール箱に入れられて、僅かばかりの食料だけが端っこに置いてあった。

僕が「そこがおまえさんの家か?」と尋ねると、猫は機嫌悪そうに突然喋り出した。

「そんな訳ないだろ、俺にだってちゃんと家はある!」

僕は猫が喋った事に当然驚いたが、少しその猫に興味が湧き、その場に座り込んで話しを聞く事にした。

「俺の家はそんなに大きくはない、ボロアパートで六畳一間の小さい部屋だ。
だけど、風呂もトイレもあるしキッチンだってある。
駅からも近いのにこれで家賃が四万五千円だ。
良い所だろ?」

猫がそう言い終わると家に招いてやると、僕に抱っこをせがんだ。
仕方なしに抱っこをして、僕は猫が案内する通りに歩いた。
この辺の町は僕も小さい頃から住んでいて地理には詳しい。
猫の案内する先々は僕が見慣れた景色ばかりだ。

「ストップ!」

猫がそう言った目の前には確かにボロアパートがあった。
僕は抱っこしたまま、猫の言う通りに部屋の鍵を開け、猫の家にお邪魔した。

我が家に帰った猫は小さなソファーでくつろぎ出し、お客の僕に
「悪いが冷蔵庫から牛乳を取ってくれ。後、昨日残したサンマもあるからそれも」と、こき使い始めた。

仕方なく言う通り牛乳を取り出し、その辺にあった皿に注いでサンマと一緒に床に置いた。
猫はピョンとソファーから飛び降り、牛乳とサンマを美味しそうに食べ始めた。

「おまえ気に入ったぞ
家来として一緒に住むか?」

猫がそう言うと僕は
「ありがとう」とだけ御礼を言った。

「ピンポーン」と突然家のチャイムが鳴った。
その直後、女性がズカズカと部屋に上がり込んで来た…。

「ああっ! 
またそんなの拾ってきて!!」

猫が言葉を失い目を丸くして驚いてる中、僕はその女性に言った。

「違う拾ったんじゃないよ、ここはこの猫の家なんだ」

そう言ってクスリと笑う僕に、彼女は呆れた顔で深くため息をついたのだった。

/ 2ページ

猫の家

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

3

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|