/ 109ページ

第1話クリームパンと苺牛乳

(1/8ページ)

第1話クリームパンと苺牛乳



朝日が昇り眩しい光が差し込んで来る。まだ寝足りない体を起こし目をこする。


「ん…。」


私の名前は渡部 愛子、高校2年生。今日は久々の登校です。私は特に急がなくても良いのでゆっくりと自分のペースで制服に着替える。髪の毛が腰まであり、前髪も目が隠れる程長いので、いちいち振り払って支度をしなくてはいけない。


着替え終わればリビングへ行く。母が作り置きしてあるご飯を口にする。これが私の一日の始まり。


「行って来ます。」


誰もいない家に声を掛け学校へ向かう。


歩くのは好き。何故なら、自転車や電車と違って見えるモノが変わるから。曜日によって捨てるゴミや量が違ったり、気分を変えてジョギングをしている人がいたり…。


私は他人がどんな朝を迎えどんな風に今日を過ごすかを想像する。いわゆる、人間観察者なのだ。だからと言って、それを何処に応用するわけもなくただ見ているだけ。


私はそれだけで"しあわせ"だと感じるの。


「おはよー!」


人はみんな挨拶をする。でも私はしない。だって面倒だから。今は技術が進歩しているからケータイという機械でメールをすればそこでも挨拶をする。


直接、言葉を発しないから便利だけど私は持ってない。機械が苦手だから。


.

/ 109ページ

第1話クリームパンと苺牛乳

(2/8ページ)

みんなが送ったスター数

1

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛