/ 290ページ

black thread

(1/2ページ)

black thread

「ん?何だ?」

朝、目が覚めると、中指に黒い糸が巻かれていた。その糸の先は、玄関の外へと続いていた。

「ガチャ!」

玄関の扉を開けると、糸はまだまだ続いていた。俺は、なぜだが糸の先が気になり、辿った。いつもの街並みを辿った。電車に乗り、知らない街並みを辿った。不思議とどうやら、この黒い糸は、俺以外の人間には、見えないようだ。そのお陰で、どうやら俺のそんな姿は、回りから随分と滑稽に見えているようだ。

「ちょっと待ちなさい。」

俺が黒い糸を辿りながら、その知らない街を歩いていると、露店の占い師の老婆が話し掛けてきた。

「何か?」
「その黒い糸を辿るのは、おやめなさい。」
「見えるのか?」
「ああ、見える。」
「分かるのか?知ってるのか?この黒い糸の事を!」
「ああ、知ってる。」
「教えてくれよ!この黒い糸は一体何なんだ!」
「それは、運命の黒い糸。」
「運命の黒い糸?運命の赤い糸じゃなくてか?」
「似て非なる糸じゃ。」
「つまりは、この糸の先に俺の運命の人がいるってのか!」
「待ちな……行ってしまった。話は最後まで聞くものさ。」

運命の黒い糸の先にいた男に、俺は殺された。

/ 290ページ

black thread

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|SF