/ 27ページ

序章

(1/9ページ)

序章

北風と共に木枯らしが舞う季節、黒のスーツに黒のコートを羽織り襟を立て両手はコートのポケットに深く突っ込んだ男が一人、公園のベンチに座っている。

時折、腕時計の時間を確認している。

男の前を帰宅途中の人達が首をすくね何人も足早に通り過ぎて行く。

男は徐に立ち上がり駅の方へと歩き出した。

歩きながらポケットから携帯電話を取り出し電話を始めた。

電話の相手は着信拒否…

男は道路脇に置いてある飲み屋の看板を蹴飛ばした。

店の中から黒服の男が2人現れ、コートの男を呼び止めた。

/ 27ページ

序章

(2/9ページ)

みんなが送ったスター数

134

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ミステリー