/ 10ページ

怠惰な日々

(1/3ページ)

怠惰な日々

「はい、この問題が解ける人~?」
「はい!」「はい!」「はい!」……
「じゃあ…金田君!」
「えっと~…14?」
「う~ん…3×4だよ?…正解は、12でした。」
…キーンコーンカーンコーン
「はい!じゃあ、今日の授業は終わり。みんな帰る用意をして。」
夏は嫌いだ。暑い。教師なんて仕事、ましてや低学年の担任をしているとガキが鬱陶しくて仕方がない。
「結城先生、帰りの会始めていいですか?」
「あ、いいよ。」
「…これから、帰りの会を始めます。」

俺が小学校教員になったのも、遥か昔に小学校の先生に憧れていたからという、下らない理由でここまできてしまった。辞められるものならいつだって辞めたい。

「先生からのお話です。」
「ん、特にないが、最近はみんな自転車に乗ってるからな。中高生の自転車に気をつけて帰れよ。…よし、終わり!」
「起立!きょうつけ!さようなら!」
「よし、早めに帰れよ~!!」
今週は短縮日課で、掃除がないため俺も出来るだけ早めに家に帰る。

「お疲れ様です。」一言言って職員室を出る。

「ただいまぁ。」
家には誰も居ないが習慣として言うようにしている。テレビをつけて、ろくでもないバラエティ番組を見る。そして、スマホを確認する。

/ 10ページ

怠惰な日々

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

6

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛