/ 242ページ

美しい兄妹

(1/7ページ)

美しい兄妹


兄のレンは普段温厚だが、妹のアスカのことになるとその性格は豹変する。

継母が、アスカの病弱な身体について、「恥ずかしくないの?」と言ったとき、レンの髪は興奮から頭皮が委縮し、逆立った。

そのときは兄の様子に気づいたアスカが彼を制止し、兄が継母を睨みつけるだけで終わった。

しかし、その一件で継母は兄妹をクローゼットに閉じ込めた。

その日は熱帯夜で、気温は35度を超えていた。

加えてクローゼットは階段の上にあり、クローゼット内には大人の腰ほどある段が存在した。

7歳と8歳の子ども2人でも、互いの呼吸が重なるほどに狭かった。

幼い兄と妹は、致死量の渇きを体験し、互いの汗を舐めては力ない声で励まし合った。

妹のアスカは、兄は自分に執着していることを知っていった。

その執着によって、人を殺しかねないことも。

そして、兄のレンは、妹が継母の命を懸念するほど、心優しい少女だと知っていた。

2人の絆には、様々な理由があるが、美しき兄妹愛と言うのが一番わかりやすいだろう。
 

/ 242ページ

美しい兄妹

(2/7ページ)

みんなが送ったスター数

10867

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー