/ 2ページ

第1話

(1/2ページ)

第1話

運命なんて信じて無かった。
けど過去を振り返ってみると、
運命ってあるんだと考えが変わった。
その気持を詩にして書いてみた。

読んでくれた人が何かを感じ、
考え方を変えてくれたら、ありがたいと思う。

大袈裟かもしれないが、
誰かの助けになれたらと思ったりもする。

難しい事なのは解ってるが、
それでもそう思ってしまう自分は、
やはりバカなのかもしれない。

人は一人では生きていけない。

この世に産まれるという事は両親が居なければ、
自分という人間は存在しない。

中には自分の子供を殺めてしまう人間もいる。
その子はそれまでが生きる運命だっただけだ。

運命など信じない人も多くいる。
けど、産まれて死ぬまでの日々は運命だと私は思う。

友達と縁が切れるのも運命。
信じてた人に裏切られるのも運命。
でも、友達と出逢うのも運命。
信頼出来る人に出逢うのも運命。
生きるか死ぬか・・それも運命。

私は、運命の赤い糸を信じている。

人それぞれ、運命の赤い糸を持ってると思う。
その糸が、強いか、弱いか、それも運命。
切れてしまった赤い糸は、再び蘇ると思っている。
赤い糸は一本しか無いと思っている。
切れたら他の人と出逢うまでに蘇ると思っている。

そうして糸は強くなり、
切れなくなる。
その時に出逢えた人、
それが本当の運命の相手だと思う。


運命は変える事は出来ると信じてもいる。
運命を受け入れ生きるのもいい・・
でも、運命に立ち向かい変える事も大切だと思う。

出逢い、別れ、色々あるが・・・
運命と自分の力で生きる事が大切だと思う。

辛い事があった時、目を背け逃げ出すのもいい、
目を背けず立ち向かうのもいい。
それでどう転ぶかは結局は運命だと思う。

喧嘩、殴りあい、殺し合い・・・
そんな事して何が残る・・?
誰が得をする・・?
後に残ったのは悲しさ虚しさじゃないのか?
それで自分が怪我したり、死んでしまって、何の意味がある・・?

皆に訪う!

今、幸せか?運命を信じるか?
赤い糸の繋がった人と出会えたか?
自分の人生、後悔してないか?
死を選んでしまおうと思ってないか?
自分は一人だと思ってしまってないか?
孤独と戦ってるか?
辛い事から逃げてるか?
辛いことに立ち向かってるか?

孤独・・
そんなもの感じる必要なんて無い。
誰かが必ず側にいる。
きちんと周りを見れば見つかる。

誰もかれも一人じゃないって信じようじゃないか。

自分の殻に閉じこもっててもいい事なんて無い。
誰しも壁にぶち当たる時が必ず来る。
殻なんか作ったって良い事なんて無い。
なら殻をぶち壊せ!

一人で壊せないなら助けを求めればいい。
一人が無理なら、何人もの人に壊してもらえばいい。

一歩の勇気で運命なんて変えれるんだ。

だから人は助け合って生きるんじゃないのか?
私の考えは変わってるかもしれないな。

/ 2ページ

第1話

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

2

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|詩・童話・絵本