/ 3ページ

第1話

(1/2ページ)

第1話

現在、車は空を飛び自動で目的地に着くなど便利なモノが発明され人々の生活はとても便利になっている。

しかし、世の中が進歩するたびにいろいろな問題が起きていた。

生活が便利になり主に外出するのは仕事や学校などに行くときのみ・・・。そのために近所の付き合いがなく、隣に誰が住んでいるのかも分からない。

買い物はほとんどが通信販売で行われているので、商店街などの活気はなくなり店をたたむ人がたくさんでてきていた。

地面はほとんどがコンクリートで固められて草花、自然の姿はほとんどない。
田舎と呼ばれる場所はだんだんとビルなどの建物が建設され姿を消していった。

そして仕事に向かう大人、仕事から帰ってくる大人はみんな疲れきった顔をしている。その中の大半の人は人付き合いなどで心の方が疲れきっているのだろう。
世の中は進歩していくが、その反動で失われていくものも沢山あるのだ。

そこにあるゲームが登場した。どんな目的でつくられたのか、どんな内容なのかも分からない。

分かっていることは、そのゲームは「森のドリーム」という会社がつくったということ。
大人にはプレイすることが出来ないということ。
ゲームショップなどでは決して手に入らないレアなゲームだということだった。

噂を聞いたことがある人でもそのゲームの名前知っている人はいない。

それは噂をする人の中でゲームを見たりプレイしたことがある人がいないので本当のゲームの名前を知らないから。またはそのゲームにはもとから名前がないからだと言われている・・・。

噂の中でのそのゲーム名は『???』となっている。

/ 3ページ

第1話

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|SF