/ 3ページ

第1話

(1/3ページ)

第1話

いつしか私は闇の中のに入っていた真っ暗で何も見えない中手を差しだしてくれたのがあなただった。

「なんであたしに構うの」
<相川 まりあ>


「仲間だから!」
<覇王幹部>


光にいる覇王闇のどん底におとされたまりあ。

勝つのは闇か?

それとも・・・



あなたたちも一緒に闇に落ちる・・・?

/ 3ページ

第1話

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛