/ 13ページ

(1/10ページ)

ダンスフロアをキラキラと照らす、色とりどりのライト達。
大音量で流れる音楽と、沢山の人の熱。
一度その中に入れば、大人だろうか子供だろうかなんて…関係ない。
隣で踊れば他人でも見知った顔になる。
だけど一度離れてしまえば、赤の他人。
あくまでも踊りに来ている私にとっては好都合な関係。
『この後どうかな…』なんて誘われたら、迷惑過ぎて堪ったもんじゃない。
だってこんなとこで出会いを求めるつもりなんて、最初から考えてないもの。
それに私には、ちゃんと彼氏がいるし…
私がここに来るのは、ストレス発散のため。
彼は私がここに行くことを、あんまり良くは思ってみないたけど…。
赤いピンヒールが、歩くたびに私の存在を周りに教える。
次々に振り向く人達。
何人かが手を上げて私に居場所を伝えるけど誰…?
知らない人の挨拶に答えることもなく、フロアの真ん中に移動する。
ゆっくりと徐々に曲に合わせてカラダを揺らす。
踊りはじめると、すぐに腰に回った誰かの腕。
しばらくしたあと、その腕をすり抜けてバーカウンターに座った。
「茜さんもう踊らないんすか?」
すっかり顔見知りになったバーテンが、いつも飲むお酒を注文するまえに出してくれる。
「・・・休憩よ、休憩」
「珍しい」
フッ…と小さく鼻で笑ってみせる。
「歳かしら」
「またまた(笑)」
赤色のお酒が入ったグラスを持ったまま、回転式の椅子をフロアに向ける。
ちょうど目に入るのは人で溢れ返ったフロアと、VIPしか入れない2階の部屋の大きな窓。
「…誰か来てるの?」
あまり開くことのないカーテンが遭いてるのが気になって、後ろにいるバーテンに聞いてみると、案の定
「そりゃあV.I.Pですよ」
って当たり前の言葉が返ってきた。
あんなところからフロアを見下ろして何が楽しいの?!
全くもって理解不能。
「・・・…意味が分からない」
そう言ったとき、一瞬だけ…ライトの光が窓の中を照らし出した。
そのたった一瞬に見えた、深い青色の瞳。
海の底みたいな
深い
深い
青色。
吸い込まれるように、目が離せない。
もういないかもしれないそこを、馬鹿みたいにじっと見つめ続ける。
さっき見えた人がどうしても気になって、クルリとバーテンの方に向き直った。
「あの部屋にはVIPしか行けないの?」
「気になります?」
『気になる』とは言いにくい。
「……少しだけね」
私の返事に、待ってましたと言わんばかりに彼が笑った。

/ 13ページ

(2/10ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛