/ 12ページ

空を見上げれば

(1/12ページ)

空を見上げれば

「中島、お前、なめてんのか」

 威圧的な男性教師の広い額を見上げて、僕はへらっと笑って見せた。

「はい」

 次の瞬間、頬に閃光が走る。

 教師の分厚い手のひらを見下ろしながら、唇の端にぬるりとした感触を覚えた。

 しくった、歯を噛んでおくの忘れてたわ。

「そういう、お前みたいなヤツがいるから。お前みたいなヤツがいるから……」

 男性教師は手のひらを握り締め、ぶるぶる震えた。

 僕は先ほど教師から受け取っていた答案用紙を、教師の目の前でぐしゃりと握りつぶして見せた。

「くだらないんですよ、全部。馬鹿バカしくって、やってられない」

 教師の手が再び勢いよく高く挙げられる。

 だが、それが振り下ろされることはなかった。

/ 12ページ

空を見上げれば

(2/12ページ)

みんなが送ったスター数

34

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛