/ 34ページ

1球目『私はあなたを殺します。』

(1/17ページ)

1球目『私はあなたを殺します。』

太陽の熱がアスファルトを焼き、暑い日差しが僕らを蝕むこのよき日


「つまり俺たち男子は可愛い女子が応援に来てくれるなら本来の力の倍は強くなれるわけで…。」


僕は何故か友達である明神春斗(みょうじん しゅんと)による『可愛い女子が応援に来てくれたら、負け続けの野球部も本来以上の力が出せるはず理論』を延々と聞かされていた


「って、おい…!聞いてるのか!?」バンッ


僕は話を聞きながら適当に頷いていると春斗が机を叩き怒り出した


「はぁ…。僕たちは女の子に応援されたくて野球やってるんじゃないんだからさ…。もっと楽しく野球やろうよ…。」


今の今まで長々と『可愛い女子が応援に来てくれたら、負け続けの野球部も本来以上の力が出せるはず理論』を力説してきた春斗を全否定するかのように僕は春斗にそう言った


「な、何を言ってるんだ!お前は…、お前は……!高校野球をなんだと思ってるんだぁあああ!」


「それはこっちのセリフだよ。」

/ 34ページ

1球目『私はあなたを殺します。』

(2/17ページ)

みんなが送ったスター数

2

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛