/ 16ページ

(1/2ページ)

俺の名前はカカシ。
二十三才で、実家暮し。
仕事を辞めて、バイトで小銭を稼ぎ、へらへらと生きている。
仕事を辞めた理由は、自分に向いていないと思ったからだ。

「あー、中学生の時に逆戻りだよ」

漠然とした夢はあった。小説を書いて金持ちになる。でも、やる気になれなかった。

夜7時。
実家の二階にある自分の部屋で電気も点けず、暗い部屋でテーブルランプの光だけ点け、学習机の椅子に座り考える。

「女にモテない。金もない。才能もない。振り返って思うのは、つまんない人生だったな」

だった?あれ、過去形?
そうか、人生、終わってるようなもんだからな。

このまま死んでしまおうか。とさえ、平気で考えるようになってしまっていた。

/ 16ページ

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ