/ 8ページ

プロローグ

(1/2ページ)

プロローグ


沢田 賢斗(16)は、どこにでもいる男子高校生である。

身長、体重、顔、共に平均的で、しいて特徴を挙げるなら、比較的運動神経がいいということぐらいだろう。

これで恋などでもしていれば、ある意味リア充の部類に入るのだろうが、賢斗にとって恋は必要のないものとしてカテゴリーされている。

一生のうちに結婚はおろか、恋愛などしないのではないか。

そう、最近賢斗は思っていた。

いや、悟ってしまっていた。と言った方がいいのか。

とにかく、賢斗にとって恋愛は必要ではない。


だが、恋愛というスパイスはいらない反面、賢斗は非日常を望んでいた。

何気なく朝起き、何気なく学校に行き、何気なく家に帰る。

部活に所属していない、かと言って何か趣味がある訳ではない賢斗は、この、何気なくを繰り返していた。

友達は必要最低限はいるし、ご近所付き合いも良好だ。

でも何かが足りなかった。

日々は、楽しくないといえば嘘になる。

単純に楽しい。

賢斗は心からそう思っている。

でも何かが足りない。

そしてその答えはすぐに出た。




「ああ、俺の求めているものは、単純な楽しさじゃなくて、ワクワクするような、ハラハラするような楽しさだったんだ…」



/ 8ページ

プロローグ

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|