/ 513ページ

第一部 見上げた空

(1/2ページ)

第一部 見上げた空

闘技場の英雄ノワール

精霊を身に宿す少女アストレア



運命に導かれ、出会った少年達の冒険が今、始まる!

人々の狂ったような歓声が周囲を支配している。

その中心で対峙する二人の男。

手には各々が武具を持つ。

一方は槍と盾、もう一方は大剣のみ。

槍と盾を持つ男は、肩を大きく上下させている。

息は荒く、疲労しているのは誰の目にみても明らか。

対するもう一人の男。
筋骨隆々で大柄な男は、自分の背丈と同じくらい大きな大剣を片手で持ちながらも、未だに平然な顔をして立っている。



「まだまだだろー」

「とっとと殺せー」

歓声はいつしか怒号になっている。

槍と盾を構えた男はその声に触発されたのか、盾を投げ捨て、槍を両手で構え直すと、目の前の男に襲いかかった。


防御を放棄した攻撃。

その形相は凄まじく、誰もが驚き、恐怖を抱くだろう。


だが、客観的にみれば、何の策もない勝負を焦った行動ともいえる。


事実、彼の目の前に立つ男はそれに驚いた様子もみせず、大剣を横に一振りした。

大剣からは衝撃波が生まれ、槍を握りしめて突進してきた男を吹き飛ばす。


男は壁に叩きつけられると、そのまま地面に倒れ込んだ。


静寂が闘技場を支配する。


そして、数秒後には大きな歓声が上がった。


その中心にいる男は大剣を高く掲げた。

闘技場に一段と大きな歓声が上がった。

/ 513ページ

第一部 見上げた空

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

2210

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー