/ 10ページ

爪先の声

(1/10ページ)

爪先の声

「貴子お姉さん、お姉さんは恋ってした事ある?」

「恋?」

 唐突に優太は、幼気な眼差しを向けながら尋ねてきた。その純然たる双眸が私の心を貫いて、瞼の裏に熱い過去を蘇らせる。

「そうね……昔のお話だけど、気になるならしてあげよっか?」

「うん!」

 まだ恋とは何かも知らない無垢な少年に、私は思い出を紡がずにはいられなかった。

/ 10ページ

爪先の声

(2/10ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|