/ 54ページ

序章 あらすじ

(1/2ページ)

序章 あらすじ

和銅三年(710年)時の帝(天皇)元明帝により、藤原の都から移して五十年、平治の乱
時の権力を有していた藤原仲麻呂が淳仁帝を後ろ盾に、太上上皇(孝謙天皇)を後ろ盾に権力を有そうとしていた道祖道鏡に乱を起こした。

天平宝時二年(764年)仲麻呂の乱は密告者もあり、わずか七日という速さで鎮圧された。
そして皇族十四人が流刑又は幽閉を受け、仲麻呂の親類縁者は斬首となった。
また後ろ盾としていた帝(淳仁天皇)は太上上皇に責められ、流罪とされる。
天智帝から腹心として活躍し、帝から賜った藤原の権威は仲麻呂の乱によって弱体化してしまう。

淳仁帝を排斥した太上上皇は名を称徳と改め、もう一度帝に返り咲いた。
そして「次代の帝はこれと思われる者が出るまで譲渡しない」と言い渡し
権威でしかなかった帝が絶大な権力を持つ事になった。

お抱えだった道鏡は僧上主から法王へとなる。

淳仁帝と懇意にしていた天智の姓だった白壁王(後の光仁天皇)は酒を浴びる様に飲み酩酊発言と錯乱的な行動を起こして、皇族粛清の難を逃れながら、称徳帝の異母姉に当たる白壁王の第二夫人(白壁王は元々天皇に着ける存在ではなかったので、権力争いの槍玉に上げられないとして、時の称徳天皇が、自身の位を脅かす存在にならない白壁王に嫁がせた、その為、先に嫁となっていた高井新笠を側妻として、38歳にもなっていた井上内親王を45歳の白壁王の正室とした)井上内の君を大事にし、あえて仲麻呂の鎮静に働き、五品官位大夫を預かり、下手に表へ出ようとしなかった。



天平神護二年(766年)白壁王は息子第一子となる山部の君を使い。
自分の地位を使い、式部省(人事部)史生(事務官)として働かせながら、称徳帝と道祖僧主の関係を探っていた。
また仲麻呂の乱により位を下げられていた藤原姓の百川とも連絡をとりながら、都東近江の守護を預かる守目天とも連絡をとっていた。

守目天は鬼の名を守天童子、朱天童子とも言われ、都にて藤原の姓を持った良継と名乗っていた。
初代帝、神武が神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)の時代の豪族が神残しとする黄泉川原の魔を払う役目を担う存在となり受け継いできた役目である。
しかし度重なる黄泉からくる瘴気により、醜い鬼の姿と神通力を預かる化物と成り果てたのが、守目天の先祖達鬼一族である。

鬼一族は神武からの次代帝に仕える存在である故に、歴代での帝には復配の姿勢を貫いてきた。
しかし守目天の祖父に当たる五穀天が、当時の大友の君に仕えず、京都で乱を起こした大海人の君に加担して、天智に味方していた仏子と対立、大海人の君により天皇制が確立された後に、姓を与えられ、藤原の名前を頂いた。

白壁王は聖武帝から都の正常を危惧していた近江鬼族と懇意にして、都の乱れを本当の裏から探っていた。

しかし仲麻呂の乱からの流れで表立って自身が動く訳にもいかず、また称徳帝が鬼一族の存在に不審がちになった為、仲麻呂の鎮静を預かっていた白壁王は、式部省に勤めていた山部の君を使っていた。

権威権勢だった帝の位は、実行者を押さえ込む権力者となり、怪僧とまで言われた道鏡の出現により、暗雲立ち込める魔を含んだ都に変わる時代、後に日ノ本全てに起こる魔性の者達との戦いとなる大きな流れが動きだそうとしていた。

/ 54ページ

序章 あらすじ

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

30

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|歴史・時代