/ 12ページ

第1章

(1/12ページ)

第1章

「母ちゃーん、俺散歩行ってくるー!!」

「ちょっと海人ー!!あんた暇なら店ば手伝わんね!!」
俺は母ちゃんの叫びを無視して外に出た。

俺が住んでるこの島は地図にも載らないほど小さな島だ。

今は春休みで、もうすぐ高校生になる俺は宿題もねぇから何もする事がない。

どうせ高校に行ったって、同い年のやつは4人しかいないし、親の跡継ぎになるから勉強する意味もない。
そんな事を思いながら俺は島を一周した。


「てかなんでこんな短時間で一周できんだよー。
どんだけちっせぇんだよ」一人でぶつぶつ言いながら俺は歩いていた。

何もする事がなく、
仕方なく俺は浜辺を歩いた。

そこで俺は白い女の子を見た。



これが俺と千明希の出会いだったんだ。

/ 12ページ

第1章

(2/12ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛