/ 69ページ

第1話

(1/6ページ)

第1話

「我は勇者である! 世界を救わんがためこの地へと参じた! 俺と戦え……、魔王よ!」

 勇者は勢いよく扉を開け、魔王の部屋へと乗り込んだ。
 その手には大気を纏い輝く剣。軽くそれでいて高い防御力を誇る、どこぞの戦闘民族も真っ青の肩パッドに胸当て。
 およそ最高の装備を整え、いままさに決戦の舞台へ。








「あ、そういうのいいんで」

 床に寝転がりテレビのリモコン片手にポテチを頬張る少女は、一瞬だけ勇者の方を見たかと思うと、何事もなかったかのようにテレビの方へと向き直した。




「…………俺とたた(ry」

「そういうのもう聞き飽きたんで」


「あの……いや『そういうのいい』とかじゃなくて……、その、あれ? 聞いてなかった? えと……世界をさ、その、滅ぼそうとしてる魔王をね、倒しに来たんだよ俺? ここは『よくぞ来た勇者よ!』とか…………」

 勇者は混乱した。





「いやまあ、確かに私は魔王だけど」

 少女は魔王だった。
 よっこら言いながら起き上がり、めんどくさそうにあぐらをかく。

 あくびまじりに勇者を見る。
 視線が交錯する。
 





「そういう独裁魔王制度は先代で終わったんで。私の代からは、民主化進めて二大政党制でやってるから。三権分立も大体終わったし、もうあれよ、勝手に他国侵略したりできないし」

 魔王はだらだらと長台詞を始めた。


「それに魔界ももうさカツカツでさ、今は丞相が全権指揮してて実質あいつが魔王? みたいな感じで。私ってばあれだね、お飾り。いわゆる象徴? で、私と言えばお金を稼ぐためにいろいろとやってるわけで。まあなんだ、時代の趨勢は恐ろしいって話よ」










「戦えよおおおおおお! 戦ってくれよおおおおお!」

 勇者は壊れた。

/ 69ページ

第1話

(2/6ページ)

みんなが送ったスター数

189

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー