/ 6ページ

カラスの唄

(1/6ページ)

カラスの唄

カラスは、頭の良い鳥。

カラスが、電線に止まっている。

  カー カー


「カラスの勝手ですか・・・」

そう呟きながら一平は、ゴミ収集車に袋に入ったゴミを投げ入れる。

「一平、終わったか」

運転席から野川が声を掛ける。


一平は、地元の高校を卒業し役所に勤め、清掃課に配属され5年が経とうとしていた。

野川は、上司というよりパートナー、一平とコンビを組んでいる。

一平より20以上歳が離れている。上司と言うより、親父みたいな感じであった。


5年も勤務していると、ゴミの収集も慣れたもので、集積場所のカラスにまで人気がある様だ。

いつも、一羽のカラスが後をついてくる。

「一平、今日もクロついて来ているのか」

カラスの呼び名も決まっていた。

「クロ、今日もいますね」

午前中の回収が終わり、昼食を回収ルートの途中のパーキングで弁当を食べる日課であった。

一平は、弁当のオカズを一品、クロに食べさせるのも日課であった。

オカズを食べているクロに一平は、

「クロよ、たまには俺にも何か分けてくれないかね」

  カー カー

その様子を見ていた野川は、

「一平、クロが返事してるな。これは良い事があるぞ」

クロは何処かへ飛んで行った。

「野川さん、カラスですからね」

「期待しないで、待ってるしかないな一平」


時間になり、午後の回収に向かった。

/ 6ページ

カラスの唄

(2/6ページ)

みんなが送ったスター数

8

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|SF