/ 372ページ

第一話 チョコとパンジー

(1/39ページ)

第一話 チョコとパンジー

――――――――――――――――――――――
――――――――――――――




前面がガラス張りのその店は、緩やかな傾斜のバス通りから店内の様子が良く見えた。


ウッド調の内装、入口から左側はたくさんの花で無数の色が溢れ返り、右側のカフェスペースは通りの並木が程よく日差しを和らげて、内装と同じく無垢材のテーブルとイスが並べられている。


高校三年生の時、志望大学のオープンキャンパスに向かう途中で、私はそのカフェに目が釘付けになった。


大学までは、バスがある。
けれど歩けないほどでもなく、少し早めに家を出たための時間潰しにと徒歩で向かっていた。



「あ、明日がオープンかぁ」



扉に貼られた張り紙を見て、肩を落とした。
ガラスを通して見える店内の様子は、左側がカフェの装飾というには余りに花に溢れている。


不思議に思ってもう一度張り紙に視線を戻すと、明日の日付にOPENの文字。
そして、『花屋カフェflower parc』と書かれていた。

/ 372ページ

第一話 チョコとパンジー

(2/39ページ)

みんなが送ったスター数

25641

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛