/ 66ページ

おいでませ異世界。

(1/19ページ)

おいでませ異世界。

ここはとある西洋風な建物の中庭。中庭から見える建物には、白い壁に等間隔で両開きの窓があり、建物と中庭の中心を繋ぐように四方にアーチ状の入り口。中庭の中央には井戸がポツンとある。

俺が居るのは、そんな小ぢんまりとした中庭の一角。

「ユウヤ!!」

壁に配置された共同で使う洗面台にて、俺は自分の名前が呼ばれた方を見やる。

そこには犬の頭に人間の胴体をくっ付けた様な…リアルな犬の着ぐるみに服を着せたみたいな奴が、俺に向かって駆け足気味に近付いて来る。

「よう、ジョン」

そんな犬人間こと俺の同僚であるジョンに、軽く片手を上げて軽いノリで返事を返す。

「今日、話してくれんだろ!?約束忘れんなよー!?」

いったん立ち止まり、その場で駆け足状態で俺の肩をポンと叩くと、そのまま駆け足で通りすぎようとするジョン。

「おー、仕事終わったらなー!!」

そんな背中に声を掛けてジョンを見送る。

俺がジョンと約束した話とは、俺がこの世界へ来た経緯(いきさつ)だ。

そう、本来、俺はこの世界の人間じゃない。ジョンも着ぐるみなんかじゃない。この世界では獣人と呼ばれる、ガチな犬人間だ。そして俺だけが何故か日本から来た普通の人間だった。

だったと言うのは、俺の容姿だ。

俺は顔を洗い終えた後、洗面台に設置された、なんの装飾もされていない簡素な四角い鏡を見つめる。

そこに映し出されたのは、くせっ毛なのか所々ピョンと跳ねた黒髪。前髪の一部が目に掛かる程度の長さだが目には掛かっていない。ツリ目がちな黒い瞳で、全体的に勝ち気そうな印象を受ける15前後の少年。

…そして魔法が使える。

ちなみに俺の年齢は28だ。若返った訳じゃない。どうやら体自体、変わったらしい。

あと30にもなってないのに魔法が使えるなんて、他の先輩魔法使いに申し訳なく思ったり思わなかったり。いや、思わないけど。

…経緯(いきさつ)か。

あれから随分経ったな…

そう思いながら、この世界に来た当時の事を思い出す。






/ 66ページ

おいでませ異世界。

(2/19ページ)

みんなが送ったスター数

15

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー