/ 7ページ

第1章

(1/7ページ)

第1章

 その神は万能であり、偉大な存在であった。
 人々が空腹に苦しんでいれば、我が身をもぎ取り彼らに食べ物を与えた。
 雨が降れば、風が吹けば、我が身をていして彼らを守った。
 冬の寒さには服を与えることで凌がせた。無論、我が身の一部で出来た服だ。
 人々は神に感謝をした。いつ、何時も自分達を助けてくれる神に。
 神は人々に見返りを求めなかった。人々に与えることこそ、自分の使命だと感じていたから。
 神は何でも知っていた。遙か昔のこと、遠い未来のこと。人の人智などとても及ばぬことまで。
 だからこそ、神は知っていた。
 自分が、いつ、死ぬのかさえも。
 神はそのことを口にしなかった。もし、それを口にすれば人々は不安に陥るからだ。不安は不和を生み出し、この保たれた平和を瓦解させかねない。それは、あまりに不幸なことであるから。自分を慕うが故に、不和が生まれるなど。
 しかし、神が死ぬ運命にあることは変えようのないこと。どんなに、運命に抗おうとしても、定めは変えられない。
 神は口惜しかった。もし、このまま何もせず、自分が死ねは人々はどうなってしまうのか、それを考えると。
 きっと、人々は嘆き、悲しむだろう。神の死に怒り狂うことだろう。
 そして、何よりも気がかりなことは、神という拠り所を無くした人々が生きていけるかどうか。神が失われた世界で人々が、どのように生きていくのか。
 神は万能であっても、自分の死後までは見通すことはできない。そこが、どのような世界であるのかを。
 せめて、少しでも不幸を和らげることができるのならば。

/ 7ページ

第1章

(2/7ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|その他