/ 2ページ

第1章

(1/2ページ)

第1章

諸悪の根源 アメリカ(イスラム国の歴史的背景)



 現在、世界的な問題となっているのは、イスラム国によるテロである。

 この問題を歴史的観点から検討してみよう。

 まず、朝鮮戦争である。この戦争の結果、朝鮮半島は南北に分断され、北朝鮮という狂気の国家が出来あがり、北朝鮮は現在も存続し、その脅威が続いている。

 次に、ベトナム戦争である。ベトナム戦争の結果として、狂気の国家、ポルポトのカンボジアができた。幸いにもポルポト政権は消滅したが、何百万人という犠牲者を生んだ。

 そして、湾岸戦争、イラク戦争、アフガン戦争である。これらの戦争の後に誕生したのがテロ集団、イスラム国である。

 上に挙げた戦争と狂気の国家、集団の誕生との対応は単なる偶然と見る人もいるだろうが、そうではなく、上に挙げた対応には必然的な相関関係がると考えられる。

 戦争は人間を殺し、傷つけるものであり、戦争により人間が受けるダメージは肉体的なものとともに、精神的なものがあることは周知である。精神的なダメージは、今まで個人的なレベルで観察され、その対策も個人ベースで研究され、実行されてきた。

 しかしながら、戦争によって受ける精神的なダメージは国家的な広さ、規模で受けるのではないか。

 即ち、戦争によって、植えつけられた恐怖、復讐心、残忍性、凶暴さなどが、国家的な規模で発生したときに、北朝鮮、ポルポト、イスラム国のようなものが誕生するのではないか。

 結局、上に挙げた狂気の国家、集団の背景には、戦争、しかも、最新兵器による大量殺りくを伴う戦争、言い換えると、アメリカが仕掛けた戦争がある。

 結論的には、諸悪の根源はアメリカであるということになる。

 戦争と狂気の国家との相関関係に関しては、これが今後、慎重、かつ、精密に研究すべき最重要課題であることは、間違いない。

/ 2ページ

第1章

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ