/ 2ページ

第1章

(1/2ページ)

第1章

どうも皆さん。ぼくの名前は綾崎桂(あやさきけい)と言います。
突然ではありますが、ぼくの彼女の話を聞いてください。
ぼくの彼女、四宮泉(しのみやいずみ)はぼくが高校の頃から付き合い始めたですが、泉はどこか他の人とは違う雰囲気をもっていました。
いつも、他人との接触を嫌うように行動しており、授業も出席が足りる程度に出ているようでした。
その頃からなぜだか、そんな泉に興味を持ったぼくは思いきって、泉と同じ行動をしてみました。
すると泉は
「あなた、同じクラスの綾崎君でしょう?私みたいに授業を抜けても大丈夫なの?」とぼくに聞いて来ました。
内心、ぼくの名前を覚えてくれてると喜んだものです。
ぼくは自分の気持ちを正直に言いました。
すると泉は
「私みたいな女に興味を持つなんておかしな人ね」
と笑われました。
しかし、泉はいきなりこう言いました。
「いいわ、私と付き合いましょう」と。
それから、ぼくは泉と付き合うことになりました。
そして、現在になりぼくは泉に結婚を申し込もうと思い、彼女に電話しました。
泉はなぜか、待ち合わせ場所に夜の公園にしてくれたら良いと言ってくれて、ぼくは迷わず決めました。
そして、ぼくは待ち合わせ場所に着き、泉をまっていると暗がりから泉が来ました。
でもなぜだか、いつも服装が違うみたいです。
そして、何も言わずにぼくの前に来ました。

そして、一言。
「ごめんなさい、あなたを殺すことを」

そして、ぼくの首にどこからか鎌が出てきて首を落としました。

/ 2ページ

第1章

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ホラー