/ 2ページ

第1章

(1/2ページ)

第1章

「彼女に初めて会ったのは、花見の時だった。
みんなで食べ物や飲み物を並べていると、敷物に虫が落ちてきたんだ。
たいした大きさじゃなかったんだけど、虫が嫌いな奴って多いだろ?
特に女はそうだ。
他の子がキャーキャーいう中、その子は割り箸袋でそっと虫を掬うと、
敷物の外に放したんだ。
その時さ、凄く優しい子だな~、ってそのまま好きになったんだ。

その後、何とか連絡を取り合えるようになって、付き合える事になった。
彼女のゆったりしたしゃべり方や、柔らかい雰囲気にいつも癒されていた。
そういや、道端で蝶がで倒れていたのを、そっと茂みに戻してやっていたっけ。

昨日、彼女が俺の家に来て、料理を作ってくれていた。
その時さ、台所でさ、ゴキブリが出てきちゃったんだよ……。
俺は慌てて、退治しようと新聞紙を丸めていたらさ……、
彼女はスリッパを脱いで……。」

そこまで話すとその男は、スリッパとおぼしき跡がついた顔をなでつつ、
こう続けた。

「俺が殴られていたんだよ……。『ゴキブリさんが可哀想でしょ』って……。」

/ 2ページ

第1章

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

1

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|コメディ