/ 4ページ

第一章 side.私

(1/4ページ)

第一章 side.私

私は以前、別の職場で働いていた。
そこでは、上司から暴言を吐かれることもあれば、同僚同士も、お世辞にも仲が良いと言えないような場所であった。
そんな日常に嫌気がさしていた私はとうとう、その職場を辞めることにした。

「辞める」と言ってからも、特に揉めることもなく、無事に辞めることが出来たわけだが、今にして思えば、あの職場にとって私はその程度だったということだろう。

特に目立った能力があるわけでもなく、かと言って無能と言うほどでもない。
私とは、そういう存在なのだ。

そして無事に辞めた私は、新しい職を探した。

条件といえば、以前ほどブラックでなければいい、といった程度だった。

職探しを始めて数日が経った頃、私は1つの仕事を見つけた。

/ 4ページ

第一章 side.私

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|