/ 476ページ

白髪の少年

(1/14ページ)

白髪の少年

「去るモノ追わず、来るモノ拒絶…
キミがやる気なら容赦しない…」

深い深い森の中の湖から、1人の少年がザバリと岸へ上がる。

一糸纏わぬその姿は、背中の中程にまで伸びた真っ白な髪で、体中小さな傷痕があり、無駄がほとんど無い引き締まった体をしている。

小さな傷痕の中にひときわ目立つ大きな傷痕。

胸の中心に直径15cm程の丸に近い形、ボコボコと肉が小さく寄り固まり、皮が無理矢理引っ張られ塞がれた様なその傷は、背中にも同様にあり、何かが貫通したように思わせる。



少年の手には何匹かの魚が握られていた。

その魚を岸に放り投げると、魚はその場でピチピチと水しぶきをあげる。

白い何かの毛皮で作られたと思われる、服というには何か物足りないモノに袖を通し、また放り投げた魚を手に持つと…


「んだば いぐが!!ダバダバ!!」


「クルルルル!」


少年を待っていたかのように、木陰から羽の生えたモコモコの白い生物が現れる。


そして少年とモコモコの生物は走り去って行った。


/ 476ページ

白髪の少年

(2/14ページ)

みんなが送ったスター数

123

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー